派遣会社に勤めるということ

派遣会社に勤めるということ

派遣会社と正社員の違い

働くという点は同じでも、派遣社員と正社員の一番の違いは「安定性」と言えるのではないだろうか。正社員は、よほどのことがない限り、クビを切られることはない。しかし、人員削減などで、真っ先に対象になるのは派遣社員である。今の世の中、特にこの日本という国では、一度レールから外れると人生をやり直しにくいという面があることは否定できない。その中で、仕事(給与)が保証され、生きていくことができるというのは正社員の大きなメリットである。それだけではなく、クレジットカードやローンなど、社会からの目にも安定性に差がある。正社員であれば、常識的な範囲内であればこれらの審査で落ちるということはまずないが、派遣社員ではそうもいかない。自由度が高い派遣社員だと思われがちだが、このような面では社会的に制限されることが多い。この面と合わせ、派遣社員は金銭的に自由度が低いといえる。正社員と派遣社員では給与面も違ってくるし、もしものこと(病気やケガ)があると、絶対に保証してくれるかはわからない。そのような面でも、派遣会社は正社員に比べ厳しい面がある。結論としては、安定を求めるなら、特に家族がいる場合は正社員のほうが安定している。

派遣会社のメリット

1部では正社員のメリットが中心になってしまったが、当然派遣会社に就職することにもメリットがある。正社員は「安定性」という言葉で共通のメリットがあるということを記述したが、派遣社員を一つの言葉で表すとすれば「自由度」ではないだろうか。まず一番に挙げたいのは「人間関係の自由度」だろう。学生のときは、自分の気の合う仲間とだけかかわり、気の合わない人間とは関係を持たなくても十分やっていけるが、社会に出て給料をもらって働く以上、気の合わない人間と全くかかわらずにやっていくということは難しい。特に、その気の合わない人間が上司や同僚など、どうあがいても関係の切れないものだった場合、正社員はそのかかわりから逃れることは難しい。その点派遣社員は、最悪、どうしても気の合わない人間とはすぐに関りを断つことができるということが一番のメリットなのではないだろうか。これは今の人間関係が良好でも、その人間とすっといい関係でいられるとは限らないし、新しい人間とかかわる必要も出てくるという「未来」の話も含まれる。これによって日々の精神的な安定でも変わってくるし、最悪のケースの、うつ病などのリスクも少ないといえるのではないか。

派遣会社での生き方

派遣会社に勤めることと、正社員として生きていく、結局のところ、どう生きていけばいいのか。結論としては当然「人それぞれ」になってしまうのだが、もう少し掘り下げて、自分の考えを記述したいと思う。初めに結論から言うと、「家族など、自分以外にも養っていく必要がある人間がいる場合」は正社員、「自分の趣味など、ほかにやりたいことがあり、自由の生き方をしたい人」は派遣会社に勤めて生きていく、というのが自分の考えである。家族など、自分以外にも養っていく必要がある人間がいる場合は自分だけの人生とは言っていられない。興味があれば、派遣事務が未経験の30代で貰える給料はを見てみると良い。特に子供は、育児費や教育費などで、かなりの出費がかさむ。そこで安定したお金がないと、その子供はもちろん、自分たち親も悲しむことになる。養う人間がいる場合は、安定を取り、家族を幸せにする必要があるのではないだろうか。一方派遣会社に勤めた場合は、先ほどにも書いたように自由度がある。どんな人間でもお金は必要なので、音楽制作や漫画家など、自分の夢がある場合はその夢を追い求めつつ、生活のための収入を得る手段として派遣会社に勤めるということも十分選択肢として上がるのではないだろうか。しかしやはり結論は「人それぞれ」である。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ